人生100年時代到来!筋トレで一生働ける身体をつくれ

筋トレ継続中。

4月4日から開始して約2週間を過ぎた。

おかげさまで、腹回りの余分な肉はみるみる減少中。

夏7月、Tシャツの季節が楽しみになるぐらいがんばろうと思う。

なぜ、今さら50代半ばにもなって筋トレにハマりだしたのか?

それは、転職して様々な方と話す機会があるのだが

同じ年齢でも10歳、いや20歳以上、若く見える驚異的な方もいるし、逆に同じ年でありながら10歳以上老けて見える残念な方もいるからだ。

絶対に老け込みたくない!若返ってやる!

なぜかしら、他人様がそう教えてくださる今日このごろである。

生涯現役!収入確保のために、働ける身体、筋肉をつくれ

100歳まで元気に生きて、年金のリターンも最大限享受しながら、自身の生涯現役収入も確保する。

誠に欲張りな貪欲過ぎる人生設計を構想中だ。

なぜかって?

いや、そもそもみんな年齢にとらわれすぎていないか?って思う次第。

年齢って、だんだんじゃまに思えてきた。

そもそも、自分のやりたいことに素直に生きてきた人間。

常識と世間一般的な経験と勉強が足りない俺。

アホは自分に不利なことは考えない。考えたくもない。

考えるだけムダですもん。

年齢は世間一般的な基準に過ぎない。限界を突破するには年齢意識を捨てよ

世間的には55歳だが、精神年齢はあまり変わっていない。

馬鹿だから仕方ない。

この歳になると、世間とはもはや、あわないことを悟ってしまった。

あわせようとするから自分がおかしくなる。

お人好しよとはおさらばです。

ずれた自分は変えられない。自分にウソをついても相手様にも失礼。

自分を活かせるのは自分自身でしかない。

純粋な自分でいることが若さにつながる。そんな生き方、環境を自ら築け

自分の好きな道を突き進んでいる人はとにかく若い。

じゃあ、どれくらいのレベルを若いというのか?

現役プレーヤーで唸るほど若いツートップ。ひと回り以上年上で

女優では、吉永小百合さん1945年生まれ 73歳

ミュージシャンでは、矢沢永吉、永ちゃん。1949年生まれ 69歳

お笑いでは、明石家さんまさん 1955年生まれ 63歳

近い年齢で俳優では、真田広之さん1960年生まれ 58歳

ミュージシャンでは稲葉浩志さん1964年生まれ 54歳

外人だと

クリント・イーストウッド 1930年生まれ 88歳

ミック・ジャガー 1943年生まれ 75歳

スティーブン・タイラー 1948年生まれ 70歳

といったところ。

自分を支えるものは強靭な精神力と肉体でしかない

精神は呼吸と姿勢とストレッチがつくる。

身体は運動と筋トレがつくる。

全くもってシンプルだ。

筋トレは、公園の小学生用の鉄棒でやっている。

懸垂はまず、ぶらさがらなくてもやり方はある。

身体をななめにしたまま棒状に保って行う、ななめ懸垂。

グリップを順手、逆手でそれぞれ10回でもやってみてほしい。

想像以上に効いてくるはずだ。

あとは、両手で垂直にぶらさがったまま、姿勢をL字状に保持。両足を地面につけ、前に伸ばしたまま行う懸垂。

10回やるにも相当ハードである。

こちらが充分にこなせるようになってからでも

チンニングスタンドの購入はおそくないはずだ。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。