楽天あとからリボ払いキャンペーン完全攻略!2000ポイントを262円で買えた裏技公開

楽天カードから、あとリボキャンペーンという地獄への招待状メールが届きました笑。

『あとからリボ払い』で2000ポイントプレゼントキャンペーンとの内容。

簡単に言うと、10,000円以上の1回払いでの利用分を、リボ払いに変更すると2,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

以前のわたしなら、「リボ払い!借金地獄へ真っ逆さま」じゃん。リボ払いは損するだけ。だまされないよ楽天さん!と一言で無視してました。

でも、待てよと。

冷静に考えると、支払い回数に何の制約もないキャンペーンであれば、お得だなと。

リボを1回払いに設定すれば、リボの手数料も1回分のみの支払いでよい。

つまり本来の値段と別に、金利(手数料)を100円〜300円程度払うだけで2,000ポイントもらえるならやってみる価値あるじゃん!と。

リボ払いで損しない。いや得する方法!

実験台として、やってみました笑。わたしを踏み台にしてください。

楽天のあとからリボ払いキャンペーンの条件とは?落とし穴はあるの?

今回のキャンペーン条件は、ゆるいです。

リボ払いを2か月間以上、続けなければならないとか、リボの支払い回数は3回以上とか一切書いてありません。

条件を超訳すると

手順はこう。

キャンペーン期間中の期限6月20日までに以下を行うこと。

icon-arrow-down

エントリーボタンは必ず押してキャンペーンへ参加=エントリー手続きは必要。

icon-arrow-down

リボ支払いコースは、あとからリボ払いで変更する利用分の、金額以上の値段で設定する。

icon-arrow-down

10,000円以上の1回払いでの利用分を、あとからリボ払いに変更する。

icon-arrow-down

ポイント獲得時期の9月中旬まで(7/27・8/27の引落し)請求額、月々の支払いを遅れないこと。

※ 条件にはないですが、当然6/27の請求額支払いも遅れないようにしました。

できるだけリボ払い金利(手数料)がかからない方法は?

1番理想的なパターンはこれ。

10,000円分の一括払いでの利用分を、リボ支払いコース1回で完了するよう設定するのがベスト。

なぜなら10,000円、リボ1回でおさめることが出来れば、リボ払い(金利)手数料が1番安く済むからです。

リボ払い金利(手数料)計算したら実際いくらかかるの?

楽天カードのリボショッピングの手数料は年利15%

つまり、0.15を12で割れば1か月あたりリボ払い手数料がわかります。

1か月あたり1.25%のリボ手数料です。

計算の内訳は

10,000円x 0.15÷12(月/年) = 125円

理想通りのリボ1回払いの展開が出来れば、たった125円で済みます。

「2,000円の商品券を125円で出血大サービス!」

と言われてるようなもんです。当然125円で買いますよね?

しかし、わたしの場合は、ちょうど10,000円程度の利用分がなく、21,000円の一括払いのものがあったので、これをリボ払いに設定しました。

じゃあ今回設定した、21,000円でリボ払いの手数料は具体的にいくら?

わざわざ計算しなくても大丈夫ですよ。

リボ払い手数料を事前にシミュレーションできるページが、楽天カードのサイト内にあります。

安心ですね。早速使ってみましょう。

icon-arrow-circle-right 楽天カード ショッピングリボ払い返済シミュレーション

私の実例で言います。21,000円の1回払いだと262円金利手数料が発生します。

262円で、2000ポイントもらえるならと決断。実行!

リボ払いとは?どんな支払方法なの?

リボ払いとは単純に言って、カード会社が儲かる支払いシステムのこと。

利用者に月々の支払い金額を小さく設定してもらい、出来るだけ、元金が減らないよう、長〜く払ってもらう。

つまり、元金が減らないので、それに付帯する金利手数料もずっとかかります。

長期間、元金を払い終わるまで、ずっと金利(手数料)を支払ってもらう仕組み。

なので、今回この逆をやればいいわけです。

短く大きく支払う。リボ1回払い全額設定。

これが、あとからリボ払い攻略の勝利の方程式です。

逆手にとれば、あなたが儲かります。

あとからリボ払いキャンペーンの注意点とは?

1番大事な注意点をまとめます。以下5点です。

 icon-check-square-o あとリボの支払いコースは、1回払いで終わる金額で多めに設定する。

千円単位設定になるので、利用金額が10,400円なら11,000円以上のコース設定にすればOK

 icon-check-square-o 1万円以上が支払い条件なので出来るだけ1万円以上の少ない金額を選ぶ

10,000円〜15,000円の範囲ぐらいでよろしいかと。

  icon-check-square-o 6月中旬実施のキャンペーンであれば、すでに利用明細として確定している7月支払い予定項目の中から期限内に選ぶ。

わざわざこのキャンペーンのために、新たな買い物は絶対にしないでください。利用情報として、明細に確定した情報でないと、あとリボ設定できないからです。

楽天E-NAVIでの明細表示は毎月12日に仮確定した内容の明細が表示される仕組みになっています。

毎月12日を過ぎた、新たな買い物の利用分は、来月の利用明細に掲載されるのです。

つまり、キャンペーン期間中に見ることができる、現時点で請求内容が仮確定した明細には反映されません。

キャンペーン期限内に、あとリボ設定が間に合わない事態が起こります。

そうなると、新たに購入した利用分は、あとリボ設定ができないので、キャンペーンの対象外になってしまうということ。

必ず、現時点ですでに最新の明細に反映されている利用分から選択してください。

icon-check-square-o nanacoクレジットチャージは、2017年11月ご利用分より対象外

わたしがやったときは、6月だったのでnanacoチャージでも設定できたのですが、2017年11月利用分からはできなくなるとのこと。

詳細はこちらに載ってました。

icon-arrow-circle-right 楽天カードの利用で「カード利用獲得ポイント」の対象外となるものは何ですか?

このようにキャンペーン条件、詳細は、時期によって変わります。

詳細確認のうえ、結果については自己責任で実施ねがいます。

  icon-check-square-o ポイントがもらえるまでの間、絶対に請求金の支払いを遅らせない。

口座引き落とし日、27日前日までに、入金を用意し、期日通り支払うこと。クレジットカード会社への信用において、支払い遅れがないことこそ絶大な信用力であり、金利優遇、ポイントプレゼントのキャンペーンが来るわけです。

支払いが遅れれば、当キャンペーンのポイントがもらえないだけでなく、今後のおいしいキャンペーン企画に参加できる権利も失うことになります。

なので、キャンペーン条件クリア=7月27日、8月27日は、26日、前日までに口座に請求額を事前準備することはもちろん、6月27日も遅らせないようにしました。

あとからリボの具体的な設定方法とは?

キャンペーンの知らせが届いたのが6月中旬。この時点で、楽天カードのサイトE-NAVIへログインします。

キャンペーンのエントリーは最初に済ませておきましょう。

赤いエントリーボタンを押すだけです。

①キャンペーンへ参加エントリーします

1回ボタンを押すと、2回も押さなくていいように、「エントリー済み」との表示がでます。

この表示が出ると、すでにエントリー済みOKです。

6月時点で、上がっている6月引き落とし予定の利用明細から、10,000円以上のもの。かつ、できるだけ10,000円に近く、金利手数料が小さく済む、利用分を選びます。

実際私がやった時は21,000円で選択してました。

②「リボお支払いコースの変更」を設定=支払い額の調整をする

基本最低の5,000円で最初設定されています。わたしは、当時21,000円に変えました。

なので、上の数字、現在のリボお支払コースが、以前変更した21,000円となっています。

1万円に変えたい場合は、下の欄に変更したい金額を入力します。

千円単位での設定になりますので、利用分以上の金額に設定して、1回払いで終わるように、金額設定します。

登録ボタン押せば、リボお支払いコース設定変更が反映されます。

③あとからリボの設定を行います。

このように、自分が選びたい項目に、チェック印を入れて、下のボタンを押して、すすんで、あとリボ設定をします。

画面が、切り替わり登録ボタンを押します。手続き完了。

以上完了して、9月19日に2000ポイント獲得できました。

成功をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。