人生100年戦略は健康から始まる。日常でできる具体的健康法まとめ

健康とは、空気のようなあたりまえの存在なのか?

失ってみてはじめてわかるありがたさ。

それが健康である。

人生100歳時代といわれているが

たとえ生きられたとしても、ぼけずに寝たきりにもならずに100歳までいられて意味がある。

自分も年金払った元以上が確実にとれる

80歳以上は生きたい笑。

そのための戦略はシンプルだ。

生涯現役、健康が1番戦略たててみた

ずぼらなので、日常に運動をとりいれる。これでいいのだ。

通勤時に走る=有酸素運動。遅刻なし、バス乗り遅れなし。会社いつも1番のり。準備万端。仕事快調スタート。

脳のバージョンアップさせるには有酸素運動が有効。脳がリセットされる。認知症の原因=脳のゴミ、アミロイドβ除去。

通勤時に工夫して歩く=スワイショウ(両手を後ろに振って歩く)+もも上げと足踏み

やってみると、ももを高くあげて10分程度歩くだけで相当負荷がある。

邪気払いOK。足に振動がよく伝わることで、骨から成長ホルモンが出る。嫌な気分一掃。ストレス打破。スポーツ運動後の爽快感と同じ効果がある。

階段は積極的に7階まで昇る。心臓+下半身の筋力に適度な刺激。

信号待ちで膝を曲げて立つ。太ももに負荷をかける。

同じく信号待ちでつま先立ちを行い、かかををストンと落とす。これをくり返す。ふくらはぎトレーニングを兼ねて。ふくらはぎの筋肉は下半身から血液を上半身に送るポンプの役目がある。なのでふくらはぎは積極的に鍛えたほうがよい。また、かかとからストンとおとすことにより振動が生じ、骨から若返りホルモンが出る。

朝食なし。昼食おにぎり1個。夕食腹7分。あまり食べ過ぎない。よく噛む。噛むことで脳に刺激が伝わり、脳への血流もUP。唾液がよく分泌され面影気力もUP。胃への負担も減る。カロリーは過剰に取りすぎない。メタボなし。内蔵の負担なし。

納豆か乳酸菌がある食品はほぼ毎日取り入れる。腸内細菌とともに生きる。

7〜8時間しっかり寝る。しっかり寝ることでアミロイドβがクリアされる。脳内リセット+クリア。

岩波トランス呼吸を行いながら就寝前にストレッチを行う。身体の柔軟性と血管の柔軟性は比例する。

以上が身体に染み込むまで習慣化させる。

インフルエンザで娘は休んだが、自分はしのぐことができた。

健康のベースが整ったら

あとは、頭の環境整備。

記憶力を高めること。これが目下の課題だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。