Mac Book Pro 中古が2万でゲット!買取依頼で修理代の半額以下で買う方法

ええっーMACが故障してもうた!

まぁまぁあわてずに、あわてずに。ここでいきなり質問です。

「あなたの大事なMac Bookですが、修理で直したほうがいいのか?中古品を新たに買ったほうが安いのか?あなたならどっち?」

もしかしたら、修理代より、中古品を買ったほうが安くて早いかもしれませんよ。だって実際そんなことがわたしに起こったんです。その比較手順と方法をわかりやすくおつたえします!

修理に出すといくらかかるんでしょうね?

高い高いと現実を直視せず、少しでも安くと「街の修理屋さん」へたのんだら直らず失敗!

そんな私の二の足だけは踏まないでください。

そんな願いを込めて、わたしの墓穴をほじくり返し、反省の記事書いてみました。

今、MacBook Pro を修理に出すと料金はいくらかかるのか?

早速、最近のデータにもとづいてMac PC(ノート型)の修理代金を調査開始。

こちら下の表になります。2016年の秋から、2段階制に変わってます。

以前より値上げに。上がる前は、自然故障であれば、複数故障箇所があっても33,000円〜39,000円のグループ1の範囲で済んでたんですね。

今はどうでしょう?

実際に故障した私のケースにあてはめて解説していきます。わたしの場合は、左から2番めのグループ2のケースになります。

下の修理価格表は、スマホの縦型表示だと横幅がきれてしまいますが、スマホを横向きにすると幅全体が見れます。

Mac bookの修理価格表

 Macの

一括修理価格

保証外修理※1 事故による損傷※2

AppleCare

Protection Plan

加入価格

グループ1 グループ2  ティア2   ティア3   ティア4
MacBook 13インチ

MacBook Pro13インチ

33,000円 53,000円 33,000円 40,000円 85,000円    23,800円
MacBook Air

MacBook Pro13インチ(Retina)

53,000円
MacBook 12インチ(Retina) 65,000円
MacBook 15インチ(Retina)※3

MacBook Pro17インチ

39,000円  39,000円 66,000円 139,000円 32,800円

                                                                 引用元:Mac Fan 2016 12月号株式会社マイナビ出版

※1 グループ2はMLB(メインロジックボード)、ディスプレイ、SSDが修理箇所に含まれた場合に適用。

※2  事故による損傷修理は算定条件が組み合わせによって異なります。このため調査結果はあくまで参考価格としての提示。

※3 MacBook Pro15インチはレティナモデルも含む。

わたしの場合、MacBook Proの修理代はいくらかかったのか?

わたしの場合、MacBook Proの13インチを使用。2017年1月、故障したときAppleの保険(AppleCare Protection Plan)にははいってませんでした。

故障箇所はメインロジックボード(MLB)というマックの1番重要な基盤でした。保証外修理(保険対象外の通常自然故障のケース)で出し、直営店(Apple Store)や正規サービス・プロバイダ(福岡の場合、ビックカメラ天神内)に持ち込んで、修理したとしましょう。

修理で使用した部品の種類によって値段が変わるんですね。

グループ1が33,000円、グループ2が53,000円の2段階制になってます。

見積もりの段階では、外見では気づかない故障が後からあらわれることも考えて、一旦グループ2で、多めに料金算出されるのです。

わたしの場合も正規修理店ビックカメラから「53,000円」の回答を一応いただきました。

どういうことかと言うと、故障部分が一番重要な基盤(MLB)とか、部品代がかかる(ディスプレイ、フラッシュドライブ)修理がなかった場合のみ、グループ1の料金が適用されるとのことです。

それとは違い、、電源が入らなかったり、ストレージを認識しなかったり。。まさしく私の場合はMLB故障、グループ2のケースでしたので、最低でも53,000円はまぬがれないなと観念しました。

Mac Book Pro修理代の見積りが出たら、Mac Book Pro中古品価格と比較しよう!

いや、待てよと。

わたしの場合、Appleとはなんの関係もない「街の修理屋さん」に修理出して、正規部品でないHDDを交換しようとした経緯もある。

つまりMacの中身をあけると、バッタもんのHDD所持が判明。。

ちょっとでも安く直らんかな?どげんかならんかいなという悪あがきの末路。

「安物買いの銭失い」発症の痕跡が。

逮捕とはいかないまでも笑これは、違法改造と判断されるぜ!事故、過失によるものとされれば、さらに値段があがっても、さがることはない。

「53,000円どころじゃない!85,000円かも。限りなくティア4に近い故障あつかいになる可能性大やて!」

悪夢の弾道ミサイルが脳内に炸裂した瞬間、白状しました。

わて「思い出しました。あとHDDも街の修理屋さんに交換してもらってて」

Macさん「そうなりますと、さらに修理代があがる可能性は高いですね」

悪夢の計算から逃れるための結論がこれ。

「53,000円前後でMAC BOOK PROの中古PCに買い替えればいいやん」と。

そんな都合のいい考えがまかり通るのか?

結論から言うと、まかり通りました。悪夢の影から勝利の女神のほほえみが。

なぜMacBook Proを修理に出すより買い替えた方が安いのか?

「それは、下の2つの方法をやっただけなんです」勝利の女神があなただけにささやきます。

  1. MAC買取業者へ故障品を売って、中古品Mac Book Proを買うコストを下げる。
  2. ネットで最安値の中古品Mac Book Pro をゲットする。

1の買取業者は、いろいろあたってみましたが、【オンラインMac買取ストア】 をおすすめします。

他の業者さんより高く買ってくれることを宣言されてます。もちろん故障品でも買取OK。

実際に、複数の会社で見積もりをとって1番高い業者さんのメールを貼って送ったら、それよりもきちんと高い値段で買取ってくれました。買取ポリシーを宣言とおり見せていただきました。

男がほれる男樹作法ってやつです。

基本、全国対応で、佐川急便であれば、着払いOKなのですが、福岡市近郊と、東京都23区内だけは出張査定もOKです。

福岡、東京都の忙しい方は、ぜひとも特におすすめです。

そして、そのMacBook Pro買取で得られた資金を、すべて中古品購入にぶち込んでください。

そうすれば、修理代金よりもやすく、中古品のMacをゲットできるようになるわけですね。

中古品価格検索で実際に利用した価格検索横断サイトとは?

情報を制するものが勝利するとはこのことです。

今は、中古品もネット検索です。有名なショッピングサイトを一覧表示して、1番価格の安い商品を横断的に見れるようになりました。

最安値ドットコムも有名ですよね?

でも、わたしが実際に見つけたサイトがこちら。

セール価格ネット なぜか掘り出し物の4万のMacBook Pro MC374J/A Mid 2010が飛び込んできました。

HDDだけが、250と比較的小さいのがネックでしたが、今はワイヤレスの外付けHDDなんかもあるので、問題は解決できると踏んで、即買い。

ブログ更新程度での利用ですから性能的に、現在全く問題ありません。

ほんとにMacBook Pro MC374J/A Mid 2010が、ほぼ4万ちょっとで買えました。

なので、

4万(中古品価格)ー2万(買取価格)=約2万円(実質購入価格)<(修理見積もり価格)

Macの正規修理料金の予想見積額53,000〜85,000円の半額以下で、MacBook Pro を

手に入れることができたわけです。

まとめ!買うか修理か?最終ジャッジの手順

  1. Macが故障したら、Apple Storeか正規サービスプロバイダで修理料金見積もりを依頼。正規修理代金を確認する。
  2. Mac買取業者へ3〜4社買取価格査定依頼。見積もりを複数とる。
  3. そこから1番高い業者の買取価格を【オンラインMac買取ストア】 へメール報告し、さらに査定依頼。一番高い買取価格を算出してもらう。
  4. Mac修理代金とMac中古品の実質購入額を比較する。
  5. 比較の公式は(中古品価格)ー(買取価格)=(実質購入価格)<(修理見積もり価格)
  6. 実質購入額が、修理代より安ければ、買う。高ければ修理に出す。

ぜひ、修理に出す前にご検討をー。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。