マクドナルドのシステム障害回避せよ!楽天ポイントならミスドもあるでよ

6月16日、マクドナルドのポイントシステムがコンピューターウイルス「マルウェア」に感染。来店しても楽天スーパーポイントが使えず、ポイントもためられない事態発生。

すると、こんな張り紙が。。

心のおたけび「なにやっとんやねん」

ポイント貯めるが楽しみで来てんのに。。

味よりポイントかいっ!とのつっこみなんて百も承知でして。

この緊急事態を避け、ポイントを少しでも集めたいポイントマニアなわたしはどうしたか?

ちょっとでも1ミリでも人生を楽にしたいあなたにだけ、そっとお伝えしますね。

マクドナルドのシステム障害、回復のめどはいつ?

早速、ポイント捜索機動隊出動!マクドナルドポイントサポートセンター 0120-050-285(9:00〜17:00)へ、実際に問い合わせてみました。

「毎日通うほど、愛してます。マクドナルドの楽天スーパーポイント、いつ回復するんでしょうか?」

「申し訳ございません。まだ、復旧のめどはたっておりません。」

「ポイント愛ゆえになんですが(平日ポイントキャンペーン5倍中だったのに)レシートを保管しておけば、ポイントを回復できたりしますか?」

「申し訳ございません。ポイントはシステム上、精算後の後づけができないものとなっております。」

「了解しました。システム復旧したら、どこでわかります?」

「マクドナルドのホームページや、店頭の張り紙で告知してお伝えするようにいたします。」

「早い回復を祈っています。」

「いつもご利用いただき、ありがとうございます。」

「らじゃ!」

ポイントもらえなければ、仕方がない!ということで、、

わたしには、苦渋の決断しかなかった。

楽天ポイントが使えるたまるミスタードーナツへ緊急避難せよ

わたしの潜在意識の彼方にお住まいの、お金の神様、ボスから指令が。

神「マクドナルドのとなりにミスタードーナツあるやろ。ミスドも楽天ポイント使えるじゃろ。」

わて「ドーナツ甘いし、ランチにならんわ。。どーなる?ランチのドーナツプラン。」

と思いきや。

神「いやカレーパンドーナツもあるでよ。だいじょうぶ、グッジョブ。」

わて「ほなマクドやめてミスド行くどー」

ミスドでマクドの楽天ポイントカードを使ってみた

今回、ブログ用にわざわざマックの楽天ポイントカードを登録して、スタンバイしていたらそれをミスドで使うはめに。

「まあ、ポイントカードのデザインが、ライバル店であるマクドナルドの楽天ポイントカードだから、ミスタードーナツでは使えないよー」

なんてな警告を店員さんからもらうことはもちろんないです。ご心配なく。

わて「ポイントおねがいします。楽天ポイントで全額支払います」

ミスドさん「ありがとうございます。」

普通にレジに付属したバーコード読み取りの端末をかざして「ピッ」

300円分、3ポイントつきました。

くーーーっ!楽天スーパーポイントになぜほれるかって?

それは、ポイントで全額払っても、現金払い同様ちゃんとポイントがつくことだああ!

閑散とした店の中心でポイント愛を叫ぶ!!

神「お金に、自ら働いてもらようにすうずきることが投資家、ビジネスオーナーのやり方、セオリーなんじゃよ」

と心の奥底が、うずきますが、その本質を見た思いです。

なぜ、1円=1ポイントにこだわるのか?

自分を会社に見立てているからです笑。別に会社を立ち上げているわけでもありません。

ただ単に、自分=ひとり会社であれば、支出は限りなくゼロに近づけていくことは当たり前の話だからです。

ビジネスの本質は利益追求。売上より結果。最終的に利益が出るかどうかです。

1円のムダを排除し、利益率、利益額を少しでもあげていく努力、行動を重ねていくこと。

なんで、1円の1ポイントにはこだわります。

これがなぜ、重要かと言えば。

経費を削れば、即利益につながるからです。

商売って売上を上げることはむつかしいですよね?

知恵をしぼって、売れる商品をつくり、見込み客の集客とか、予測がつかないことが多いです。

それだけならまだしも

1万円の売上をあげても、仕入が9,000円 であれば1,000円利益がでて、これがそのまま儲けです。

しかし、仕入れ代金とは別に、さらに運ぶ費用や、包装費など、別の経費が1,000円かかったとしたら、利益吹っ飛び、儲けゼロですよね?

もはやビジネスとは言えず、賽の河原といわれる地獄の瓦積み、人生の罰ゲームです。

でも、ムダをなくして利益を生むことは簡単。

経費を削れば、けずれた分、利益を残すことができます。

日常にもビジネスのネタはある。やるかやらないか。

こんなことを言うと、かならず、たった1円ごときの世界で、チマチマしたことやってどうすんの?と言う方がいらっしゃいます。

1円5円をムダにしてもよいという、穴のあいたバケツリレーをやっていては、いくら時間があってもお金はたまりません。

ポイントは、ウソをつきません。日常生活で普通通りに使っていれば勝手にたまります。

楽天のポイントはなぜ楽天スーパーポイントと呼ばれるのか?

楽天スーパーポイント。なまえは楽天ポイントでもいいと思いますが、あえてスーパーポイントと名付けるぐらい「他のポイントとは違うんだよ」という差別化的圧倒的自負感は半端ないです。

勝手にザクザクたまりやすく、ためる場所もいろいろあります。2重取り、3重取り、それ以上なんてのもおてのもの。1000ポイントぐらいあっという間に。

いろいろな方法、手順をくみをあわせることで、たまる仕組みをつくりやすいです。ポイント界の帝王的存在。つきあわない理由がないんですよ。

銀行の預金金利が1パーセントなんて夢のまた夢時代です。ポイントためた方が10倍効率いいです。

実際ためして効果のあるお得なポイント術を今後も伝えていきます。お楽しみにー。

 

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。