馬鹿になって没頭できる力と行動力まで鍛え上げる自重トレーニング。それがキャリステニクスだ

健康とコンテンツづくりを兼ねて

公園筋トレ、キャリステニクスで肉体改造やってみよう企画。

4月4日開始で只今約1か月経過。以外と順調である。

キャリステニクスとは、バーベルやトレーニングマシンを使わず

自重(自分の体重)を利用して行う筋トレ。

わかりやすく身体の変化を感じることで、モチベーションにつながってきている。

しかし近所の公園には、高鉄棒はない。

なので、小学生用の鉄棒を利用して、足を着地したまま身体を一直線に保つななめ懸垂をやっている。

これはこれで、充分な筋トレ効果はあるのだが、やっていると、どうしても普通に体ごとぶらさがる普通の懸垂がやりたくなってくる。

近所の公園がトレーニングジム。公園施設を利用して筋トレするのがキャリステニクスだ

あたりを見回すと。。

子供用の滑り台のつくりのとある部分が

幅約60センチほどの鉄棒もどきになっているではないか。

狭くても、両手をかければなんとかぶらさがれるスペースあり。

ここで懸垂を。

やってはみたものの、己の体重を両手で持ち上げれるのは

連続3回までだった。

ちょっとずつでも回数があがれば

やる気満々だ。

お金はかけない。かからない。自重トレーニングにかかるのは我が体重のみ

公園でのキャリステニクス。今の初歩的レベルでは耐えられる施設ではある。

でも、あと60日間で夏、Tシャツが着こなせる体づくりを成功させたい。

本格的に鍛えるにはチンニングスタンドがいる。

家の天井に梁はないからだ。

家をジム化してホームトレーニーとなれば

お金も時間も節約できて一石二鳥だ。

これは、5月末に貯まる予定のTポイントで買う。

初期投資もほとんどいらず24時間営業徒歩0分

エニタイムフィットネス自宅店6月開業予定となる。

投資額はおよそ、15,000円程度。ジム費用換算すると、3か月分もかからない。

つまり3か月継続できれば、元がとれるってこと。

これで、なんとか7月上旬の肉体改造には間に合わすことができる。

強靭な肉体が狂気と執念を呼び覚ます

鍛えだすと、寝付きがハンパなく良い。

食後3分で即寝する勢いだ。

心には一点の曇もなく、ただシンプルに肉体も精神も鍛えられ覚醒する。

自力での覚醒に価値がある。

他者や物に依存せず、筋肉だけでなく、自発的にやれる自信まで同時に身につく。

頭も冴え切れ味がでてくるので仕事にも副業にも健康にも好影響。

一石三鳥以上だ。

やるしかないし。やることで楽しい未来がつくれると確信する。

馬鹿力がわきでてくる。

馬鹿になって没頭できる力。

これがすべての土台。

これをつくれるのがキャリステニクスだ。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。