TポイントをAmazonで使う方法がある!ヤフオクでAmazonギフト券と交換だ

(Danbo - Storm:photo byJonathan Silverberg

せっかく獲得したのに、ついつい使わず、利用期限をむかえてしまいそうな期間固定Tポイント。

それが、1ポイントや5ポイントでも、期限到来すれば消えてしまう涙の別れ。。

そんなつらい日々とおさらばしたい!

あなたの願いかなえます。

ポイントはもはや仮想通貨!お金を捨てる人はいませんよね?

じゃあどうすればいいのか?

結論から言うと

Tポイントの固定ポイントをAmazonギフト券に交換すればいいんです。

Tポイントをアマゾンギフト券(利用期限10年)に交換すれば解決だ

えぇっ?でもYahoo!ショッピングとAmazonはネットショップのライバル関係。

そんなライバル同士のポイントを交換することできるの?

ヤフオクを使えばできます。

インターネットでフリーマーケットを活用するなら

メルカリとヤフオクで決まりです。

買い物の達人となるためには、ぜひこの2つはおさえておいてください。

また、今回ヤフオクでの決済方法は「ジャパンネット銀行支払い」という方法を使います。

こちらを使えば、コスト1円で決済できます。

早速解説していきますね。

Amazonギフト券はどのタイプを選べばいいの?

Amazonギフト券はEメールタイプがおすすめ。

現物は、贈り物用だと検討する価値がありますが、自分で利用するだけですから、中身があれば

事足ります。

選ぶ理由3つ

  • 送料無料。
  • 落札後すぐに受け取れる。
  • デジタルなので保管場所の必要もなし

安い!早い!場所いらない!

選ばない理由がありません。

買う商品は決まった!

それでは、どう購入していけばいいか超訳解説します。

Tポイント全額では払えない!支払いは1円のジャパンネット銀行支払い+Tポイントで

例えば、Tポイントを端数15円だけ落札する場合。

下記の15円が即決価格で13円のような、2円安くなってる商品がいいですね。

決済手数料の1円も節約できてお得ですし、ムダがないからです。

ヤフオク決済方法操作について注意点とは?

3点あります。

流れはこう。

Tポイントは、落札金額より1円少ない金額を入力。15円であれば利用するポイント14と入力。

icon-arrow-down

売上金・Yahoo!マネーは「利用しない」を選択。そうすれば、支払い方法のその他の項目が全部表示されます。

icon-arrow-down

支払い方法は、下から2番目の「ジャパンネット銀行支払い」を選択。

他の支払い方法を選択すると、最終的に決済できず

このような、エラー表示がでてしまいます。

支払い方法は、下から2番目の「ジャパンネット銀行支払い」を選択して

上記解説とおり、やり直せば大丈夫です!

現金で支払う残りの1円に関して、具体的数字を入力する必要は、ありません。

上の画像のとおりやれば、ジャパンネット銀行支払いで、残金1円を支払うように処理できています。

「ジャパンネット銀行支払い」を選択したら、次へボタンを押す。

あとは、そのまま流れに沿っていけばOKです。

落札すると、出品者からコード番号が送られます。

それをAmazonのサイト「ギフト券を登録する」画面内で入力するだけです。

ギフト券コードを入力後、右ヨコの「アカウントに登録する」ボタンを押せばAmazonポイントが獲得できます。

「残高履歴を確認する」青い文字の箇所をクリックすれば

ギフト券残高に現在、反映されたことが確認できます。

ヤフオクやヤフーショッピングでTポイントをよく利用するのであれば、ぜひジャパンネット銀行の口座開設されることをおすすめします。

理由は、2つ。

  • 「ジャパンネット銀行支払い」で決済すれば、振込手数料無料で利用できる
  • 貯まったTポイントを現金に交換できる。

(交換比率は85%です。Tポイント100ポイントに対して85円。1,000ポイント以上、100ポイント単位で交換可能です)

ムダなコストが節約できて、Tポイントが日本円に換金できる唯一無二の銀行で

ヤフー、Tポイントとの相性はバツグンです。

おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。