スワイショウ「両手振り体操」効果あり!副業成功への加速度がスイッチオン!

今年大きく変えたこと。

副業をやる=ブログで起業する。

何事も好きなことでないと続きませんので、

ブログという選択肢は間違ってなかったです。自分にあってました。

幸い、4月から本格参戦。七転八倒しながら

今日まで、続いています。

投稿数も10月は11日で既に7本。先月の投稿数を抜くことができました。

やっと、ダブルワークのコツ、ペースが定着してきたところです。

なぜ、ブログの投稿数、ペースをあげることができたのか?

昼間の仕事との切り替え。気分転換がうまくいくようになりました。

副業も健康であればこそ、成り立つってもんです。

大きく変わった原因は、体操をはじめたこと。

週末の休日は、天気がよかったので、近くの広場で日光浴かねてやりました。

10月になって不思議と毎日続いています。

体操といってもたいそうなものでもなく。あっしまった言っちゃった。

ラジオ体操のような複雑なものでもありません。

「両手振り体操」です。

右脳系の有名なコンサルタントだった

船井幸雄さんがすすめられていた「両手振り体操」

あの達磨大師さんがやっておられた秘儀、スワイショウとも言われてます。

動作はいたって単純なんで、説明不要といってもいいかも。

両手をカラダの前から後ろに振り下ろすだけ。

その反動で、前に出た両手をまた、後ろに振り下ろす。

これだけ。

動画でいうとこうなります。

                 引用:腕振り体操のやり方 矢島実

あまりの簡単さに拍子抜けするかもしれませんね。

部屋でもOKですが、自分は外の空気に触れながらやるのがいいです。

なので、毎日、家からバス停までの10分間

普段歩きながら、やってます。

なぜ、両手振り体操=スワイショウをやるのか?

  • 無理なく続く
  • 気分爽快、リラックス、体調改善
  • 目疲れなし

さすがに、超ズボラで面倒くさがりの自分でも続いてます。

回数はきめてません。行き帰りの10分ずつやるようにしました。

通勤に組み込めるんで、習慣化できます。

これを朝夕やると、朝はシャキッと身も心も目覚めるので

仕事へ向かうための気分転換に最適。ただただ気持ちいいです。

夕方は、仕事でたまった気分を洗い流し無になれます。

メガネをはずして、川沿いの風景、遠くの山の景色を眺めながら歩いていると

目の疲れもなくなります。

なんで、新たにブログに、PCに向かう気が生まれます。

歩きながらやると、街中だとぶつかって危険です。

人気のない朝に、こんな穴場的通勤スポットでもやってます。

血流改善せよ!おすすめは四股スクワット

あとは、下半身の筋力をできるだけ使うこと。

座りすぎは病の元。

長時間座ると、大きな筋肉が集中する脚、下半身が働かず、代謝機能が低下。

糖や中性脂肪が筋肉に取り込まれにくくなり、血液中で増え、血流悪化。

血液がドロドロ⇒心筋梗塞、脳梗塞リスクが高まってしまいます。

人生100年戦略時代へ。

寝たきりになってしまっては、生きている甲斐がないので

普段から血流を良くすることを組み込みます。

なので、会社への階段は7階まで歩いてあがる。

四股スクワットをスキマ時間で行う。

やり方はこう。

 

   引用元:骨盤周りの筋肉を効率良く鍛える!四股スクワット!美容整体BSB

肩幅より少し広めに足を開いて、背筋を伸ばしながら体をやや前に傾け、腰を上下。

1日10回2セット程度でOK。

“座位行動”研究の第一人者 ネヴィル・オーウェン博士
「長時間座り続けると、脚にある大きな筋肉が働くのをやめてしまいます。
体にあるいくつもの重要なスイッチがオフになってしまうのです。

引用元:NHKためしてガッテンより

仕上げは、ファンケルの40代からのサプリメント。

これ、マジ効きます。

飲むと、目覚めの爽快感と体力維持が実感できるんで

普段の気分までかわります。

実際は50代なんですけど笑、50代より40代のサプリの方が安いので

こちらを飲んでます。

おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。