デジタルな世界に価値を生み出せば複業完成。あなたが仮想通貨に変身だ。

ビジネスの本質はつまるところ価値提供である。

あなたが提供する価値に、需要があるかどうかで決まる。

いわゆる人気投票で価値、いわゆる値段がつく。

これを人に応用したのがVALUであり

お金でつくった仕組みが仮想通貨だ。

無論ビットコインも同じ原理である。

新時代のビジネス原理は数が限定された商品であること。

そこにしかないもの。

土地と同じように、そこにいかなければ、それを買わなければ出会えないモノ。

あるいはコト、LIVEであっても関係ない。

価値があればよい。

お金2.0の時代が来る?価値提供できれば怖くない

世界を巻き込んでの大競争時代。

1物1価のガラス張りの時代が来てるので

好景気と言われながら、意外と給料は上がらない。

なので複業の時代、自分で新たな価値をつくるしかない。

あなたは何ができますか?そう問われている時代と言ってもいい。

大量生産の時代は終わった。不動産は供給過剰になる。

2020年以降、日本の不動産価値は下落していく可能性が高い。

そこに付加価値がなければ厳しい時代がやってくる。

賃貸物件も、借り手市場になり、より良いサービスが受けられなければ

借り手がいないということ。

人口減時代にどんどんすすんでいく。

24時間営業もやるなら無人化だ。

若年層が減れば、当然人手不足。

高齢のオーナーでは身が持たない。

シェア、AIロボ無人化、ブロックチェーン、IOT化、個人化がすすみ

デジタルなサービスを取り入れなければ

ビジネスの発展は困難な時代となる。

無限のデジタル空間に飛び出せば、事業規模の大小は関係ない。

そこに必要とされる価値があるかないかだけ。

邪魔な制約を超えていこう。

モノがあふれた時代に所有欲は必要ない。必要な時に必要なモノさえあればよい。

所有すると税金がかかり、手元のキャッシュが減るだけだ。

なので、結果が同じであれば所有する必要はない。

代替できるモノであれば、独自の価値は感じられなくなってくる。

より、希少性のある感性を揺さぶるモノに人は群がる。

美術品と同じ原理である。

より、人、モノがアート化して

ビジネスは人気投票がより先鋭化していく。

その人気投票に参加するには

得られる価値をわかりやすく伝える能力が求められる。

言葉だけでなく、感性や、音、動画、写真などで。

人も、会社もメディア、コンテンツ化していく。

そして会社は学校化、神社化する。

楽に、心地よく学べる場。

あなたを活かせる場。

そんな磁場だけが発展していく。

そこで体験する感情が喚起される快感。

そんなパワースポット的場所に人は集まる。

現実を超えられる仮想空間であれば時空を超えて価値提供できるので

無限の可能性に満ちている。

デジタルに転換すると、制約を超えてビジネスが展開する。

そんなヒントが仮想通貨にはつまっている。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。