仮想通貨は大暴落のときこそ現物で買え。レバレッジはかけるな。それが地獄を天国に変える投資スタンスだ

仮想通貨大暴落から1夜明けた

現在1月20日朝。

価格を見ると、1NEM=129円だ。

大暴落底値76.5円から急速に回復中。

暴落でモヤモヤした頭を整理し

現実を直視してみた。

冷静に過去にさかのぼり購入平均単価をエクセル計算。

結果、約10,000NEM程を平均81.6円で購入していた。

なので現在は、ざっくり含み益はNEMだけでも47万円。

ビットコイン、ビットコインキャッシュあわせると

約63万円ほどある。

投資額の1.5 倍にまで回復しているじゃないか。

まずは、大暴落をしっかり耐えれた自分を褒めてあげたい。

仮想通貨FXのレバレッジ投資はやらない。身の丈にあった現物取引で買え

そう自分に言い聞かせている。

なぜなら、目先の値動きにつられ、短期間に濡れてに泡への下心が大損失を招いてしまうからだ。

例えばのはなし。20万円の元手しかなく証拠金として預け

レバレッジを10倍掛け200万円のお金があるように錯覚。気分ハイ。

短期リバウンド狙いであがると信じ

1BTCが高値から想定20%170万へ下がったところで買いをいれたら

1・17仮想通貨大暴落がはじまりだす。

当然証拠金の50%、10万円の損失を超えた時点で

取引所のルールでいえば、ロスカットが発動し、取引停止され

証拠金内で収まる損失と思うはず。

すでに、茫然自失パソコンを破壊したい衝動にかられ、現実を受け止めきれない。

なのに追い打ちはかかる。

想定外の事態には想定外の出来事が起こるのだ。

今回、価格大暴落1BTC=107万に向かって下落。

損失は膨らむばかりで

買いのポジションは取引所から自動で切られず。。

自分で切りたくても、パニック売りアクセス殺到し

サーバーにつながらず操作不能。

事態が落ち着きやっと

取引所のサーバーとつながり確認すると

最終的に買いポジションが切られたのは120万。

つまり証拠金20万円しかないのに、50万円の損失が発生という事態が。

100万円溶けたなど、似たような事態、いやこれよりもさらにスケールでかい損失話が

Twitterで検索するといくらでも出てくる。

仮想通貨の現物取引であれば、時間を味方につけられる。強制ロスカットも追証もなし。

普通に、1日で10%以上値が動く資産に、さらにレバレッジをかけて大儲けしようとする気がしれない。

調子に乗ると、足元を救われるのはどこに世界でも同じこと。

やはり、投資の基本スタンスは、バフェット流でいい。

大暴落の時こそ買いだ。

いかに安く仕入れるか。

大衆の判断が誤っている時に買うか。

これにかかっている。

なので、ドルコスト平均法なんてやらない。

大暴落の時に買うだけだ。

購入単価はできるだけ下げたほうがいいに決まっている。

同じ金額で、株数、仮想通貨数を増やすには

暴落時のみ。

幸い自分の場合、1・17大暴落後、含み益は50%以上ある。

投資額の1.5倍はキープできているので

ど素人投資家としては、悪くないスタートはきれている。

投資スタンスを見直すためのお灸が見事にすえられた。

仮想通貨こそ、気安く買うのはおすすめしない。

大暴落のときのみ、宝くじを買うつもりで

だまされた思って余裕資金で買ってみる。

そんなスタンスをおすすめする。

焼け野原の地獄を天国に変えるのは、あなたの投資センスにかかっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。