カエレバ・ヨメレバボタンのカスタマイズと設定方法は?STORKを実例に徹底解説!

(Amazon on Mars:photo by ActuaLitté

ででAmazonアソシエイト(アフィリエイト)の審査に合格したら、早速ブログに書籍のリンクを貼ってみましょう!

そうです。あなたのネット本棚が、そのまま書店になるんです。

あなたのブログがそのまま書店に変わる瞬間を体験しましょーよ。

グーグルアドセンスはじめたら、それだけでなく、収益の選択と幅を少しづつ広げられればと思いますよね?

そのリンクの貼り方ですが、できればスマートにわかりやすく顧客目線で設置。

自然にブログ訪問者の方に「買いたい!ポチッ」と心地よくスムーズに購入してもらいたいもんです。

そんな願いをかなえるツールが「ヨメレバ」という書籍アフィリエイトツールです。

もちろん、ヨメレバの設定リンクでそのままでも使えるのですが

そのままだと、こんな感じ。デザイン性に少し欠ける面がありますよね?購入ボタンもわかりにくい。

そこで、「ヨメレバ」のカスタマイズが必要となります。

今回は、私のブログテーマ「STORK」を例にヨメレバのカスタマイズ方法について解説します。

大まかな流れとしては、

  1. Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトへの申込と登録
  2. CSSを設定(カスタマイズの反映)
  3. ヨメレバの設定登録(カスタマイズ設定)
  4. ヨメレバコードの貼り付け
  5. 反映確認OK 完了!

という流れですすみます。

ネットでの書籍購入といえば、Amazonと楽天のツートップ体制。この2つが大きく市場を握ってるので、こちらの2つで購入されるケースがほとんどです。

なのでヨメレバのボタンにはこの2つのボタンは外さずに入れてください。

Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトへの申込と登録方法は?

Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト申込みを、まだすませていない方は、事前に申込⇒提携が必要です。

必ず、すませておいてください。

Amazonアソシエイトに関しては、開始する前に審査があります。詳細はこちらからどうぞ

 icon-arrow-circle-right Amazonアソシエイト(アフィリエイト)1発合格のためのポイントと申請手順、見りゃわかる徹底解説!

楽天アフィリエイトは、Amazonと違って、特に審査らしきものもありません。原則申込後、即提携です。

ただし、申込の前に2点準備してください。

楽天への会員登録と、あなたのサイト登録が必要です。

以下のリンクで、2つともすませておいてください。

楽天会員登録(無料)が必要です。
新規会員登録はこちら

楽天アフィリエイトを開始するサイトの登録(無料)が必要です。
ご利用サイトの登録はこちら

CSSの設定方法は?

STORKの場合、製造元のOPENCAGEさんのサイトで公開されています。

こちらをコピーして、そのまま貼り付けるだけです。

貼り付け場所はスマホでいうと

STORK管理画面、ダッシュボードの

外観>カスタマイズ>追加CSS

におねがいします。

追加CSS内の空欄にそのまま、貼り付けるだけなので、どなたでもできますよ。

ヨメレバの設定方法はどうするの?

流れは下の通りです。

Amazon、楽天のアフィリエイトIDを確認する 

icon-arrow-down

ヨメレバ設定欄にあなたのブログ名と両方のアフィリエイトIDを入力

icon-arrow-down

保存ボタンを押す

icon-arrow-down

書籍キーワード、いわゆる「本のタイトル」を入力。検索ボタンを押す

icon-arrow-down

書籍画像を入手。

icon-arrow-down

amazlet風-1を選択

icon-arrow-down

Amazon 楽天市場をクリック。(ボタン化したいものに)チェックを入れる

icon-arrow-down

ソースコードをコピー

icon-arrow-down

ワードプレステキストエディタに貼り付け

icon-arrow-down

できあがるとこんな感じになります。

できあがりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。