岩波トランス呼吸法の極意3つ。本能、ストレッチ、筋力UP!情動のおもむくままに生きよ

更年期障害にはまり、人生が八方塞がりになったとき

何が原因かわからなくなっていた。

大きくわけて3つ。

精神的なもボルテージ。肉体的なパワー。男性ホルモンの数値。すべてが低下していた。

1番の原因は、ほんとうにやりたいことができていないこと

自分の生き様が見いだせていないことが根本原因だった。

ずれた人間はそのまま突っ走れ!止まらないぜ馬鹿は

元々常識はずれの狂った人間。

枠やルールが大嫌いな人間。

一般社会に溶け込めない人間要するに使い物にならない馬鹿である。

そこで出た結論。

他人にあわせて生きようとするから、おかしくなる。

元々おかしいんだから何を悩んでいるのか?と

おかしいところを気にしたってしょうがない。

どうせ狂っているのだから。

でも、待てよと。

聖人君子なんていやしない。綺麗ごとはうんざりだ。

粗探しばかりすれば、誰だって非はあるさ、写真誌、国会の堂々めぐり。粗探しゲームなんてどうでもいいこと。

自分から言わせてもらえば、みんな狂っている。

同じアホなら踊らにゃ損だ。

その人なりのこだわり、哲学、生き様は、あたりまえの常識からは生まれない。

狂気から発するものが芸術であり、純粋なその人自身である。

ピュアな狂気を持たない人間こそ気持ちわるい。天才こそ強靭なる狂人である。

自分をおさえて何が楽しいのか?生きている意味があるのか?

うそをつくな。

他人の目を気にするな。

嫌われてなんぼの世界。

仮面をつけていても逆に狂わされるだけ。

方言をしゃべれないだけでストレスを感じていた。

主体性をもたないとダメである。

会社勤めはあわないと悟った。今もやっているが笑。

なので自分が取り戻せる度に、ご褒美として勤務日数を減らしている。人手不足で増えているが笑。

6:4〜5:5程度でないとバランスがとれない。

お金で買えない価値に時間と手間と投資することに決めた。

自分のエゴを満たさなければ、生きている意味はない。

きれいごとは言わない。自分勝手そんな人間である。

自己満足がなければ土台なし。どだい無理だよ人生は。

母が寝たきりになったのが、55歳である。

ちょうど今、自分がその年を迎えてわかることがある。

母は服飾デザイナーだったので、それをやりたかった。続けたかった。

しかし、会社のしがらみと父の立場を考え

家庭に入ることになった。

そこから母がおかしくなった。

自分を抑えて全開で生きなかった思いは、自ら血管を破って

思いのたけをぶちまける。後悔先に立たず。

最後は脳血栓で倒れた。

自分を活かし守るもの、最後は自分自身しかないのだ。

動けない、しゃべれない母と向きあっても

22歳の若造にはどうすることもできない。

ただただ無力感で自分が卒倒しそうだった。

振り切るにはバンドに明け暮れるしかなかった。

そうやってバランスがとれていた。

バンドを37歳で引退。39歳で結婚して会社へ

家庭を持ち、家族を食べさせるために就職。

自分の生き方ができなくなり、ストレスからがんへ。

会社だけだとおかしくなる自分がいた。

自信がもてない。自己満足していない。

会社のためにがんばってはみたものの抜け殻になっていく自分がそこにいた。

バランスがとれる生き方を自らプロデュースできなかった自分の責任である。

気がつけば、50代半ばの哀れなおっさんでしかなかった。

母を反面教師と見ていたつもりが気がつけば、同じ轍に踏み入れている。

んなアホな!

いや、アホを突き抜けた馬鹿である。

もう、こんな自分がさらさら嫌になり救いの手を求めるしかなかった。

どうしようもなかったのだ。

精神も肉体も病み、生き方がわからなくなる日々。

潜在意識と顕在意識のバランスがとれず

通常の人間ではない自分は、通常の精神科医では治らないと直感。

岩波トランス呼吸法に惹かれ偶然近所にあった、西新宿の岩波先生の門を叩いた。

岩波先生からは、人生を乗り切る呼吸法と哲学を教えられた。

岩波トランス呼吸法のポイントは3つ。

  • 本能と情動
  • ストレッチ
  • 筋力

潜在意識、本能を開放する全開にする呼吸によって人間の根源的エネルギーである本能と情動にいきつく。

その土台を持って、人生と対峙すること。

開放、躍動する子どもの視点で純粋に見ないと真実は見えない自分を救えないのだ。

それをぶらさないためには、呼吸とストレッチが大事。

カラダが固いと防衛本能が働きやすいので萎縮しがち。

肉体を伸びやかに柔らかくすること。

最重要箇所は肩甲骨と首周りだ。

そして自分の観点として、更年期障害を患った身として、実感としてこれだけは言える。

下半身の筋力UPと股関節ストレッチが男性ホルモンを分泌させる。

これは、私なりのアレンジかもしれないが、相乗効果あり。

ホルモン注射は、一時しのぎでしかない。

この3つが相まって

潜在意識が開花していく。

ここで、最も大切なことは自らたち直らせる精神的主柱を築くこと。

岩波トランス呼吸法は教えてくれるし体幹もさせてくれる。

つまり依存せずに立ち直らせる本物の治療法である。

先生の言葉はダイレクトに伝わる。綺麗ごとは言わない。

本能と情動を発動させよ。人間の前に動物なんだ。

原始的初動意識。本能のおもむくままに生きよ。それがあなたの人生だ。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。