職歴忘れて履歴書が書けないなら、年金機構に問い合わせを!

自分のように、50代の転職となると職をさがすのも大変ですが
それ以上に大変だったのが、履歴書作成でした。

大学を卒業できず中退し、そのままバンド活動で、まともに38歳まで就職していない。。
好き勝手によくも生き延びたもんです。
正社員としての就職期間が非常に短く、転職を4回しているため、いつからいつまでその会社にいたのか、特に20代の頃が、はっきり思い出せませんでした。

そんな方に、朗報です。

年金機構に問い合わせすれば、職歴わかります。

年金を取り扱っている年金機構に連絡して
被保険者記録照会回答票を請求してください。その書面で、わかります。
私の地元では、南福岡年金事務所です。全国各地に、年金機構の拠点はあります。こちらから、問い合わせ先がわかります。

年金番号、氏名、生年月日などを告げて、本人確認が無事とれれば、郵送で送ってくれます。
それがこの被保険者記録照会回答票という書類です。

被保険者記録者照会回答票のどこを見ればいいの?

ここに、国民年金と厚生年金の記録が明記されており
その書類の中にある、左端、加入制度、各厚年の欄を見ます。

①お勤め先、②資格取得年月日と③資格喪失年月日から職歴がわかります。

もれなく明記されているので
まさに、履歴書に書くべき社歴がわかるわけです。

履歴書できたら、転職サイト、派遣サイトに登録しよう!

実際この書類を元に履歴書を作成し、リアルな書面をつくるだけではもったいないです。

それをそのままリクナビや、マイナビなど転職サイト、派遣サイト、あらゆるサイトのマイページに登録して、自分が希望している職をアピールしましょう!

デジタルの履歴書、職務経歴書は1度だけ登録しておけば
オファーや紹介は自動でどんどん届きます。

また、職務経歴書はあとから思い出すこともあるので、上書き保存すれば

面接に困ることはなかったです。

それをそのままプリントアウトして
面接時、提出もできます。

今、とある会社で研修中です!

ABOUTこの記事をかいた人

BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。