Macとwindowsを同時に使えるParallelsが超絶便利

WBC!野球の世界一決めるワールド・ベースボール・クラシック開催が近くなった今日このごろ、話題と言えば二刀流の大谷選手です。でも野球だけでなく、パソコンのOSも二刀流の時代が来てます!

パソコンの二刀流とは、1台のMacパソコンで、中身のOSはMACとwindowsを同時に使うってこと。

「なんで、そんな面倒なことするの?」

ってお思いでしょうね。それは、そうせざるを得ない事情が。。

AdobeのイラストレーターCS6win版を使いたい!でもPCはMacがいい

以前ラーメン屋さんの広報担当として、アドビ社のパッケージソフト「CS6マスターコレクションWindows版」の中のイラストレーターやフォトショを使ってポップや、看板を作ってた身としては、自前で買ったかなり高価なソフトなんでずっと使い続けたいんです。

アドビ社が、パッケージ版としては、最後に出した商品なんですが、マスターコレクションの中にある1部のソフト、イラストレーター単体だけで、中古品で5万前後します。これがフォトショやまだまだ使ってみたい動画編集のソフトなどあわせると、下手な中古車を軽く超える金額になってきます。失業中の身では、Mac版の新しいAdobeのソフトを買える余裕はないからです。

なんでMacを使うの?Windows が安くて手軽じゃん

でも、パソコンはMacじゃなきゃ嫌だ!理由は外観も、開いた画面も素直に「美しい」という言葉が出るMac。文字の映え方、美観もハンパなく、いい意味でのこだわりが伝わります。

Windowsパソコンとのビジュアルとセンスの差は体験しないとわかりませんが、クリエイター魂が刺激されまくり、愛用したくなるわけです。はい。

創業者ジョブズが「神は細部に宿る」と言った美意識の徹底ぶりが使えば使うほどわかります。

Macだとおとぎの別世界、非日常に行けますが、windowsだと、電化製品の延長で、ビジネスライクな製品の匂いしかなく、だんだん受け付けなくなってきました。

ここを解決しようと、以前はブートキャンプという、Macの中に、Windowsを入れて、別々に住み分けて使っていました。しかしこれだと、windowsからMacへと使い分けをしたくても、一旦Windowsを消して、Macで再起動しなければならず。ファイルの保存場所共有もできません。

コピペして移動するのも一苦労でした。

便利なようで。不便。同じ体内であるPCに移植手術できたのに、全く別人格のまま。まるでマジンガーZの阿修羅男爵のようでした笑。

Macを立ち上げたまま、Windowsのイラストレーターが使えて、Windowsで作ったファイル保存がMacでも共有できてという
いいとこ取りの、お互いのOSが融合した形で使えないものかと。どうしたものかと思っていたら。ありました!
それを解決してくれたのが、Mac用Windows仮想化用ソフト「Parallels Desktop 12 for Mac」だったのです。

「Parallels Desktop 12 for Mac」の画面はこんな感じです。見かけは、阿修羅男爵のようですが、中身は全く違います。

時代は、二刀流!パソコンもネギも?

以前務めていた、前々職のラーメン屋さんでは、ネギが二種類選べました。青ネギの細ネギと白ネギです。

時代を先駆けた二刀流ですね。前職のラーメン屋さんでは、豚骨と煮干ラーメンと二種類の味が選べたんです。パソコンもいっしょですね。笑

強引な結びですが、それではまたー

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    BloggerX(元行政書士・元ラーメン屋さん広報部) こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。 ブログで人生の可能性を広げられることをリアルに書いていきます。 まずやってみる。 自分がやって失敗しても、修正して、また行動する。 やってから考えるなかで、失敗しないネットビジネスのやり方、ブログのつくり方を伝えていきます。 現在進行形で人生を再生するブログ術は、本当に可能なのか?自ら公開検証することで、みなさんの一助になれば幸いです。